ネオ大衆酒場の特徴は懐かしい雰囲気

ネオ大衆酒場の特徴は懐かしい雰囲気

昔の大衆酒場と言えば、古い建物で、安い料理、安いお酒、というイメージがあります。

 

古いけれど、どこか落ち着いて、価格が安いので、安心してお酒を飲むことができるのが、昔からある大衆酒場の魅力です。

 

この大衆酒場は、時代とともにだんだん減少していきました。

 

しかし、最近になって、この昔ながらの大衆酒場が見直されるようになってきたのです。

 

そして、今風にアレンジを加えたネオ大衆酒場と呼ばれる酒場が飲食業界で注目を集めているのです。

 

ネオ大衆酒場は、若いオーナーや料理人が、今と昔が共存するような、新しいような懐かしいような雰囲気を醸し出すお店作りをしています。

 

メニューは、大衆酒場のメインメニューであった焼き鳥や串かつなどを中心に出すお店が多いのですが、若い人にも人気があるような創作メニューなども準備しているお店も多くあるようです。

 

そして、串かつなどもソースを今風にアレンジするなどの工夫もられます。

 

また、ネオ大衆酒場の魅力は、その料金にあります。

 

夜の時間で、お酒と料理を十分楽しめて、1人あたりの客単価が1,500円〜2,000円というお店が多いです。

 

気軽に安く飲めるというところが大きな魅力となっているようです。

 

そして、昔からの大衆酒場が、このネオ大衆酒場へと移行するケースも増えているようです。

 

その場合、お店が醸し出している懐かしい雰囲気はそのままなので、常連客が離れるということもないようです。

 

ネオ大衆酒場は、これからますます飲食業界の注目を浴びることになるようです。