ネオ大衆酒場のココがいい。

ネオ大衆酒場のココがいい。

ネオ大衆酒場が幅広い年齢層から人気を集めているということはどこかに魅力があるはずです。
ネオ大衆酒場のココがいい、というあたりを探ってみました。

 

ネオ大衆酒場が、「ネオ」であるのは、ラインナップされている料理に新しい工夫があるからでしょう。
昔ながらの大衆酒場の料理というと、持つ煮込みや煮物、焼き鳥などが定番でした。しかし、それらの料理は既に居酒屋チェーンでも定番料理になってしまっています。

 

ネオ大衆酒場というからには、それらの料理に一工夫されている店が多いですね。
風変わりな料理というだけではなく、大衆酒場の定番料理と一緒に新しい定番料理を楽しめるのがネオ大衆酒場の魅力ですね。

 

また、家族的な雰囲気を店に求めているという事情もあるでしょう。
今の居酒屋にないような家族的な雰囲気が、昔の大衆酒場には残されていました。

 

いつ行っても知り合いがいたり、暖かく迎えてくれる店のご主人がいたり。
そういった家族的な雰囲気作りが、今のネオ大衆酒場ではなされています。
例えば、店の作りにしても、お客さん同士が交流をしやすいような席の配置にしたり、店員さんと気軽に話しができるような厨房にしたりといった工夫がされています。

 

厨房を取り囲むような席の配置ですと、自然と店員さんとの話しも弾みますよね。
もちろん店員さんのフレンドリーな感じも大切です。

 

料理と雰囲気、これこそがネオ大衆酒場のココがいいという理由になるでしょう。
気軽に立ち寄れる、自分だけの大衆酒場を見つけたいものですね。