ネオ大衆酒場の定番は冷やしトマト

ネオ大衆酒場の定番は冷やしトマト

飲食業界ではおなじみ!ネオ大衆酒場の冷やしトマトを食べた事がありますか?シャキっと新鮮なトマトをお酒のおつまみとして食べるのはとてもお勧めです。基本的には塩。そしてマヨネーズで食べるのもとっても美味しいです。水分溢れる、ジューシーなトマトとお酒でダブル水分補給は夏場の疲れた身体にしみこみますよ!

 

さて、最近流行りだしたネオ大衆酒場という言葉。どこか懐かしい、そんな雰囲気で楽しく飲めるのが特徴です。ネオ大衆酒場で一人あたりのお客さんが使うお金は2000円前後。最近では居酒屋と言えば、メニューが100円以下という店も多くなってきました。

 

やはり不況なのでメニューの値段を少しでも下げてお酒代として利益を上げようと考えているお店が多いです。最近ではアベノミクス効果で少し、値段を上げても許される時期になってきました。しかし、ネオ大衆酒場はそんな円高・円安関係なく、激安メニューを揃えているのです。もちろん、メニューの種類にも力を入れています。冷やしトマトは一つの例であり、メニューに冷やしトマト!?と思うかもしれませんが、これがまたお酒と合うのです。

 

このように会社帰りのサラリーマンに大人気の新しい、飲食業界の顔・ネオ大衆酒場。お小遣いとして使える額が少なくても気軽に仲間や上司と飲んでつまめる楽しい空間なのです。あなたの街にもぞくぞくとオープンしていますので、この機会に足を運んではみてはいかがでしょうか。ほろ酔い気分で話も弾みますよ!