ネオ大衆酒場の定番は焼き鳥

ネオ大衆酒場の定番は焼き鳥

生存競争の激しい飲食業界のメニューに置いて、勝ち組の中でもほぼ王座に近い位置に

 

君臨するのではないでしょうか、焼き鳥。

 

いろんな世代の人が集まるネオ大衆酒場で、日々新しいメニューが入れ替わっていますが、

 

お店にいる間に一度は注文してしまうものの一つですね。

 

一口に焼き鳥と言っても、意外に奥が深いです。

 

モモやササミ、皮やレバーなどなじみのある部位から、ハツやちょうちん、せせりなど、

 

お店でしかお目にかかれないようなものまでありとあらゆる種類があります。

 

間にネギやトマトといった野菜を挟むものまで数えると、想像以上にバラエティに富んでいます。

 

味付けも、たれか塩かでかなり印象が変わってきますので、ビールに合わせてがっつりこってり

 

食べたい時や、ここらでちょっとあっさりと食べたい、という場合のどちらにも不思議とマッチする

 

メニューです。

 

ネオ大衆酒場ではいろんなお客さんが来店しますが、焼き鳥を食べたことがないと言う人は

 

ほぼいないくらいの普及率ではないでしょうか。入れ替わりの多い飲食業界でも、かなり頼りになる

 

存在になっているはずです。

 

ビールにもお酒にも、ノンアルコールカクテルはもちろんソフトドリンク系にも、何と合わせても

 

美味しくいただけて、おまけにごはんのおかずにもぴったりと来れば、これはかなり王座に近い

 

はずせないメニューですね。

 

焼いている場面を想像しただけで、ネオ大衆酒場に足を運びたくなります。

 

焼き立てのアツアツをほうばって、一日の締めくくりと行きましょう。